大人も遊ぶろぐ

いつでも全力で遊ぼうぜ

アンテナ設置を試みてみる その3 アンテナ線までの動線確保と再設置

 

zenryokuasobi.hatenablog.com

 

アンテナ線までの動線確保のために、最短ルートで屋根裏に仮足場を用意することにしました。

ちなみに梁と梁の間は90cm。スタンダードなサイズです。

90cmくらいだと根太は不要で厚みは3.5cm程度、幅が太めの1枚板でよさそうです。

そんなに高いものは必要ないので、これを選択しました。

 

足場板と呼ばれるものですがご存知でしょうか。

木の足場はあまり見ることはなくなりましたが杉の1枚板で4mのものを2枚。それを1mでカットして両面を鉋掛けして使います。

近所のホームセンターで売っていました。

鉋掛けしたのは表面が毛羽立っているのでそれを室内で使うためです。

 

さて、いざ足場を屋根裏へ搬入し、 アンテナ線まで動線を確保です。

なんせ、屋根裏の端っこなので四つん這いさえできない高さです。

数十センチおきに置いた足場板をほふく前進で突き進み、屋根から引き込んであるアンテナ線を引っ張れるだけ引っ張って余裕をもたせて切断します。

そして中継器をつけて同軸ケーブルを延長します。

ここで超絶ミス。予め買っていた中継器、サイズが違った。オーマイゴッド。

線の太さはちゃんと調べておきましょう。

 

中継器を買い直し、再び屋根裏に登り無事に接続できました。

 

アンテナ設置するところまでケーブルを伸ばします。

f:id:gmyoukun0:20190214004851j:plain

向きはテレビをみてもらいながらいいところでご覧の通り固定します。

左の隅にあるのは混合器になります。2枚のアンテナからの受信電波を1本にまとめる機械です。

受信強度2倍になるかと2枚あるアンテナを同じ向きにしているのですが最近とあるチャンネルでノイズが乗るようになりました。

 

とはいえ、目的である屋根裏への設置は達成し多少レベルは低くなったものの屋根裏でも受信は確認することができましたので一旦完成とします。

 

次回があるとするなら、アンテナの向きの調整で改善がなければもっと利得の高いものと交換でしょうか。

 

同じように検討している方がいれば梁を踏み外さないように注意して作業してください。

エアコンを掃除してみた 二台目

 

zenryokuasobi.hatenablog.com

 

前回、思いの外うまくできたのでうちにあるもう一台のエアコンもしてみました。

こちらは、シャープのプラズマクラスター付きの全自動エアコン。何が全自動かというとフィルタの掃除が全自動なのです。

先のエアコンも自動で掃除してたじゃん。とお思いの方。今回のは掃除したホコリもそのまま外へと放出してくれるという仕事をしてくれる一品です。

 

さて、そのすべてを自動で掃除してくれているエアコン。実は何回か掃除を試みたことがあるのですが、如何せんその多機能ぶりなゆえ、構造が比較的複雑でなかなか分解できずにいたのです。

 

まずは現状確認。上部から。

f:id:gmyoukun0:20190211072302j:plain

はい。

全自動にかこつけてほっておいたらフィルターあるにもかかわらずこの有様です。

 

つづいて中の方を見てみましょう。

 ホコリがいっぱいです。

f:id:gmyoukun0:20190211072357j:plain

左の方の丸い穴があるのがわかりますでしょうか。

f:id:gmyoukun0:20190211072447j:plain

ここからフィルタの掃除で取れたホコリを外へと排出するダクトになるのですがご覧の通りです。

 

続いて冷温風吹出口。予めフィンは取り外してあります。

f:id:gmyoukun0:20190211072530j:plain

見たくも見せたくもないところですが、カビが生えています。プラズマクラスターって売り文句に浮遊するカビ菌もやっつける的なものもあるのですが実際はこんなものなのか。

プラズマを発生させる装置はこちら。ここにもカビの魔の手が。ホント効き目あんのでしょうか。

 

f:id:gmyoukun0:20190211072650j:plain

現状確認も終わったところで清掃に着手します。

ホコリは掃除機で吸い取ります。カビは消毒用アルコールで拭き取ります。

清掃後はこんな感じ。

f:id:gmyoukun0:20190211072758j:plain

 

フィンの間の細かいカビとかはもうどうしようもないのでアルコールスプレーでやっつけた体でいきます。

f:id:gmyoukun0:20190211072810j:plain

清掃後元通り組み立てて終了。

このエアコン、7年目でこれなんで10年ノーメンテナンスにしておくととんでもないことになりそう。

何でも手入れして壊れてたら直して使うのってのがモットーなんですが、熱交換器は完璧に掃除することなんて不可能に近いということがわかりました。

 

ですがエアコンの基幹部品は熱交換器であってこんなもの穴開かない限り半永久で使えます。

機能を良くするのは一向に構いませんが、メンテナンスのし易い製品づくりもお願いしたいものです。

エアコンを掃除してみた

さて、去年の年末のお話です。

年末になると必ずしないといけないような気になるもの。そう、大掃除です。

 

普段からこまめにしておくと大して苦にならないのですが、大掛かりなものはなかなか手を付けづらいもの。

めんどくさいのもありますが、どうやっていいのかわからないってものがあります。

その代表格を今回やってみました。

 

エアコンです。

 

今や自動お掃除機能がついているのは当たり前なこの機械ですが、逆の言い方をすると自動掃除機能で掃除できるところは自分でも掃除ができます。今回はそれ以外のところをやってみようという試み。

 

一度はトライした方ならわかると思いますが上辺のホコリ程度ならばまあなんとかなります。

しかし、少し奥の方を見ると必ずと言っていいほどカビが発生しています。

 

プロの掃除対象であるエアコンですが手順を踏めば誰でもそこそこできます。

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

今回の実験台はこちら。

皆さんご存知、三菱電機霧ヶ峰ムーブアイ。はい。

 

数年前に買ったような気がしていましたがしっかり思い出してみると10年弱立っていました。

こいつは自動でフィルタを掃除してくれる機能がついた当時はなかなかの最新型だった気がします。

季節ごとにフィルタとフィルタを掃除するブラシを掃除していたのできれいかなとは思っていたのですが、ご覧の通り。更に中の方を見てみるとカビが生えていました。

何を栄養に育つのか謎ですが黒カビが発生しています。

 

こんな状態のエアコンを今から掃除するのですが、することは至って簡単。分解して掃除する。

基本はホコリがいっぱいなので掃除機で吸ってカビは拭き取る。

これだけです。

なのですが、このままだととても手が入らないのでできないんです。

なので、分解します。

 

ここが敷居が高いところです。

プロが存在する理由でもあります。

 

まず、外せるところは全て外します。

具体的に言うと、フィルター。ホコリ取り。上下のルーバー。

ここは説明書に載っているので問題ないでしょう。メーカーも取り外して洗ってもらう前提の部品ですので割愛します。

 

 次はここ。ビスを外してからいきます。

ビスを外すとセンサー部分がまず外れます。次にカバーが外れます。

あと一息です。ビスがもう一箇所あるのでここを外します。するとフィルターのレール部分が外すことができるようになります。

 

f:id:gmyoukun0:20181225002716j:plain

右側でぶら下がっているのがフィルターのレール部分とセンサー部分です。
これで室内側の熱交換フィンがむき出しになります。

 

f:id:gmyoukun0:20181225002903j:plain

フィルターがあってこの有様。

ホントどうかしてほしいです。

このフィンですがとても柔らかいので超注意です。

ブラシタイプの掃除機の先端で掻き出しながら吸い込みますが取りにくいのであまりがんばらなくていいです。ここよりも他に時間をかけるところがあります。

 

はい。カビの除去です。

f:id:gmyoukun0:20181225003109j:plain

写真は一例ですがこのようにカビが生えていました。

今回使用したのはウエスに消毒用アルコール(水とエタノールの混合液)です。

純度100%近くのエタノールがいいじゃんとか思うかもしれませんがエタノールは濃度が濃いと殺菌力がないので消毒用(適当に希釈してある)を用意しましょう。

 

どうしようもないフィンは掃除機で吸ったあとはエタノールをスプレーしただけです。気持ち程度にカビはやっつけた気になります。

ここでプロは高圧洗浄機かスチーム洗浄機でフィンを洗浄します。

 

f:id:gmyoukun0:20181225005111j:plain 

掃除後はこんな感じ。ここまで来てなんですが写真の画質が悪いのが申し訳ない。iphoneが電池交換中でまだ帰ってきていないのでアクションカメラで写真を撮っています。

 

あとは元通り組み立てます。

この作業を台数分。

 

ちなみに脚立は必須です。

ない場合は脚立を買うついでにスチーム洗浄機も買うとよりよいです。

その際は養生セットも忘れずに。

 

appleにiphoneの修理を依頼してみた

最後の更新から2ヶ月以上経ちましたが、なぜにここまで沈黙を守らねばならなかったのか、語らねばなるまい。

 

 

はい。

 

 

表題のとおりです。

基本、記事の面白くなさを写真でカバーしてもらうスタンスなのでカメラであるiphoneがないと必然的にアップも控えるっていうふうになります。

というわけで上の3行で答えが出てしまいましたが続けましょう。

 

 

さて、2018年の末までにiphoneの電池交換をすると費用が安くなったのを皆さんご存知でしょうか。

年末の駆け込みもあってか、appleストアの予約は取れない状況。

郵送でも対応しているということで、納期を見てみると3~6営業日となっています。

 

本日12月16日(日)。初日。

webから申し込みです。

スケジュール管理から普段の情報収集など電話がなくなるのはかなり痛いのですが、なんとか電話を使う用事を1周間とちょっとを修理期間に当てれるように調整しました。

 

12月17日(月)。1日目。

発送用の箱をヤマト運輸が持ってきてくれました。

アップルの郵送修理サービスを利用するとヤマトが取りに来てくれるようになっています。

 

12月19日(水)。3日目。

後で調べてわかったことですが、発送してappleの修理工場に2日で到着していました。

ここから長くても6営業日。12月28日(金)にはなんとか戻ってきそうです。

 

 

実はappleのホームページから修理の状況を見ることができます。しかしここにはいつまで立っても、

「修理品をappleに送るための箱を発送しました(12/16)」

で更新が止まっています。

 

なんだか嫌な予感がしました。

これを見た日は12/19(水)。ものはすでに発送済。ヤマトの履歴を見るとappleには到着しているようです。

にもかかわらずホームページ上では12/16で更新は止まっています。

 

よくわからないのでどのような状況なのか問い合わせてみました。

ひょっとしたら何らかの事故で当方のiphoneが行方不明になっているのかもしれません。

その旨を伝えると、電話口で対応してくれたオペレータによると現在バッテリー交換は10営業日程度かかっているとのことです。

17日に発送しているので18日から数えて10営業日と。

ちょうど年明け後くらい。

・ 

開いた口がふさがりませんでした。

 

いやいや、その情報は先に出しておかないといけないのでは?

現状の修理工数をホームページに載ってるのをみてこちらはスケジュール調整して修理に出しているのにわざわざ調整した意味がありません。

 

仕事の都合上連絡手段がないとすごく困ります。

仕方ないので修理はまた今度にしてすぐに返してもらうようにいうとそれはできないとのこと。ほんとに戻ってこないと困るのに。

 

では現状どうなっているのかを確認をお願いすると、修理工場に到着はしています。がそれ以上のことはわからないの一点張り。

 

しかしせっかく繋がった電話です。せめて状況把握だけでもできないか自分の電話が今どのような状態なのか、ホームページから確認できるようになっているのにそれが更新されていない旨を伝えると、修理着手されたら更新され、そして着手すればその日のうちに電池交換は終わり、発送されるとのことでした。

 

 

以上が年末12月28(金)の話です。

ちなみに修理工場はお正月も関係なくやっていて休みは元旦か2日が休みでそれ以外は稼働しているらしいです。

 

 

時は過ぎ、 1月10日(木)になりました。

電話で対応していただいた担当者によると修理工場は1,2日は休みでそれ以外は稼働してるとのことなので今日で15営業日目です。どうなってるのでしょうか。

 

いい加減遅すぎます。

ホームページの修理状況は依然12/16で更新は止まっています。

 

1月17日(木)

発送してからまる1ヶ月たちました。

再度電話してみました。

まずは、直通の電話を教えていただいたのでそちらに電話してみたところ、、、

 

 

繋がりません。

正確には不在なのか他の電話に出てるのかはわかりませんがとにかく繋がりません。

まあいいです。忙しいアップルの社員さんです。他にも対応しなきゃいけないでしょう。

留守電に切り替わるので、名前、問い合わせ番号、問い合わせたい内容を残してくださいという旨のメッセージが流れるのですが文句はここ!

問い合わせ番号は十数桁あって、名前とその番号を言っただけで録音時間がなくなるほど短いのです。

「〇〇と申します。問い合わせ番号は▲*+?▲*+?・・、」と言ってるうちに、Thank you.と録音時間が終わってしまいます。

 

しょうがないので、通常の問い合わせ番号にかけてもう、1ヶ月になってるのですがどうなっているのか確認したいと伝えると、またわかりませんの一点張り。

 

まあ、請負コールセンターに最初から期待はしていません。

もう、だいたいでいいので納期を推測すべくこちらから条件を絞って聞き出そうと試みました。

 

・今日返送した人は一体いつ修理に出したのか。

 →担当部署に聞いてみましたが把握していないとのことです。

・ではいま修理待ちがどれくらいあって一日どれくらいさばいているのか、処理能力は?

 →担当部署に聞いてみましたがそれもわからないとのことです。

 

撃沈。誰も把握してないとは。

 

 

なぜにこんなに時間がかかるのか、ひょっとして交換用バッテリーの生産が追いつかずに在庫切れで入荷待ちになってるのもしれない。

その場合は納期が2ヶ月、3ヶ月、場合によっては半年も待つ可能性も出てくる可能性もあるんじゃないか。

こうなってくるとちょっとずつでも毎日さばけるただのマンパワー不足が一番ベストな状況になってきます。

推測はいろいろできるのでキリがありません。

 

かいつまんで、すでに1ヶ月以上待っているのですが、あと2,3ヶ月、場合によっては半年待つ可能性を聞くと、2,3ヶ月はない、とのことです。

わからないと言っていたのに最長であと1ヶ月ということがわかりました。

たかだかバッテリー交換で最長2ヶ月もかかるのか。

 

しかも、今度の担当者によると、着手してから1週間位かかると言い出しました。

前回のオペレータから聞いたのは着手するとその日のうちに返送できると言っていましたがここに来て言い分が変わっています。

なぜそんなにかかるのかを聞くと、バッテリー交換のみの作業ではなく、他にも異常はないか点検するんだそうです。

もう、徹底的に検査してください。

 

 

実はこの問い合わせをする前に現状のホームページでバッテリー交換の納期を確認しました。

そこには10営業日以上となっていました。

 

確かに、10営業日以上かかっています。

いやいやいやいや、間違ってはいませんがその道理なら10営業日以上でなくても1営業日以上と記載しててもかまわないじゃないですか。

 

こんなに待たされたのは、yahoo!BB*1以来です。

こんな事を言っても30代、40代以降の人しか伝わらないと思いますが、とにかく待っている状態です。

 

 

後日談

程なくして修理着手しましたとメールがありました。そしてその日のうちに修理が終わり発送させましたと2通目のメールがありました。

 

ん?

 

二番目に問い合わせたオペレータは、着手して1週間は作業しますうんたらかんたら、といっていたはずでは?

どうやら二番目オペレータが嘘を言っていないとすると点検はしていないようです。

 

情報がおりてないであろう請負のコールセンターのかたが悪いとは言いませんが、適当なことを言われると何を信じていいのかわからなくなります。

 

 

ちなみに、外国人の友人曰く、世界的にはアップルのサポートは悪いとのことです。

そうなんだ〜。

 

事前、または素早い情報開示がお客様の心証が大きく変わる、私的には最たるIT企業なのに管理把握が行き届いていないほうに驚きを隠せない一件のお話でした。

言わずもがな、この一件は悪い方の例。

だらだらと写真もない長文にお付き合いいただきありがとうございました。

*1:常時高速回線接続の黎明期ともいえる時代にADSLって既存の電話回線を使う高速通信が破格の値段でできると申し込んだお客さんが殺到してかなり待たされたことがあったのです。

3Mの拭き上げ用タオルを侮っていた

自動車を買うとメーカー問わずディーラーオプションでボディーコーティングの類を勧めてくると思います。

 

一番安価なものでペイントシーラント。一昔前はこれしかなかったような気がしますが今では上を見るとガラスコーティングなるものまで存在するようです。

 

その辺はさておき、コーティングを施すとメンテナンス用品が付属してきます。

中身はというと、吹き上げ用タオル、セーム(よく水を吸う人工皮革。中には天然のものもある)、頑固な汚れ用の液体クリーナー、スポンジ等で当方も例外なくついてきてました。メーカーは3Mのものでした。

 

なんとなくもったいないと思う性分なので使わずにいましたが、おいていてもしょうがないので使ってみることにしました。

5年以上たっていたのですがようやくです。

f:id:gmyoukun0:20181129061522j:plain

これを専用タオルで拭き取ると、

f:id:gmyoukun0:20181129061532j:plain

このような感じ。

たかが吹き上げ用タオル。今まで何も考えずに雑巾でもいいやと拭いていたのですが技術の進歩というのでしょうか。ここまで違いが出るとは。

 

スコッチブライト ふきん ワイピングクロス 青 10枚 業務用 WC2012 BLU AMAZON

 

調べてみると別に3Mだけでなくてもそれこそ百均でもこの手の類のクロスは性能はわかりませんがラインナップされているようです。

というのも無知だったのですが拭き上げという行為はなにも車だけではございません。

ご家庭では食器なども拭き上げます。うちは自然乾燥派でしたので考えもしませんでした。他にも窓拭きであったり用途は多岐にわたります。

 

正規の3Mの商品でも1枚200円もしないようです。

先に上げたとおり車だけではなくいろいろ使えますのでまずは百均ものから試してみてはいかがでしょうか。

アゲハチョウのさなぎ(こないだの)part2

 

zenryokuasobi.hatenablog.com

 さて、先日紹介したアゲハチョウの幼虫がいたのをおぼえているでしょうか。

 

その下にいた幼虫がこの度、さなぎになりました。

f:id:gmyoukun0:20181124041421j:plain

丸いフォルムの幼虫がさなぎになると角チックなものを形成していくのが生き物の超不思議なところ。

春になるのが楽しみです。 

あのシールを使ってみた

使用しているmacbookairの左手が触る部分に擦れがみれるようになりました。

f:id:gmyoukun0:20181119211857j:plain

キータッチの癖が出ているのか右は特に問題なくなぜか左のみこのような状況です。 

いっぱい使っている証拠なのでいいへたり方なんでしょうがユーザー的にはなんとかしたいところでもあります。

 

考えていたところ、ふと思い出しました。

 

apple製品を購入するとついてくるりんごのシールです。

日本ではiphoneが流行っているのでご存知のかたも多いかと思います。

 

ここにそのシールをはってみてはどうかと。

どうもこのようなシールは使うのがもったいなく思う性分だったのですがシールはおいておくと劣化してしまう悲しいものでもあります。

 

早速貼ってみました。 

 

f:id:gmyoukun0:20181119212741j:plain

 

接触ることはなくなったので筐体の摩耗は一旦止まるはずです。

とりあえずこれで様子見です。