大人も遊ぶろぐ

いつでも全力で遊ぼうぜ

アブラムシ

■名前

 アブラムシ

■撮った日

 4月ごろ

■食べ物

 草の汁とか

■特徴

 アブラムシというと年配の方にはゴキブリのことを思い浮かぶかたが多いかもしれませんが今回は小さい緑色のアレのほう。カラーリングは緑一色ではなく、黒っぽいのや赤系のもいたり、これ、食草の差か?

 

写真ではみどり色のやつがそうですが、こんなに小さくても、すでに成虫で若い時には羽が生えておりその羽を使って生息範囲を広げます。

虫の世界にも共存関係はあったりしてアブラムシのお相手はアリさんになります。

f:id:gmyoukun0:20180421212549j:plain

give and takeで言うところのgiveは甘い汁でアリはアブラムシから甘い汁をもらっています。takeはと言うと天敵であるテントウムシから守ってもらうと言う肉体労働をしてもらってます。

割りにあっているかどうかは別として他種間で協力(利用)しながら生きているのは人だけではないんです。

セイヨウミツバチ(たぶん)

■名前

 セイヨウミツバチ(たぶん)

■撮った日

 4月ごろ

■食べ物

 花の蜜とか花粉

■特徴

 花の蜜を集めたり、その時に草木の受粉を手伝ったりするので昔から人と一緒に生活している。足につけてる黄色いのは花粉。幼虫のご飯にしたりする。

f:id:gmyoukun0:20180423061603j:plain

ミツバチって種類が少なくて日本には在来種のニホンミツバチとセイヨウミツバチの2種類しかいない。

見分け方は大きさとお腹のシマシマと全体の色めで判断するのが一般的。

お腹のシマシマがお尻にかけてだんだん太くなってって全体的に黄色っぽいのがセイヨウミツバチ。大きさはどちらも10mmちょいくらいだけどセイヨウミツバチの方が少し大きい。

体を花粉だらけにして一生懸命蜜を集めてた。

蜂ってやたら危ないイメージがあるかもしれないけどミツバチに限ってはちょっかいかけなければ攻撃してくることはない。というのもお尻の針で刺しちゃうとそのミツバチも死んじゃうから。針に返しがついてて内臓が取れちゃう。

襲ってきたりしないんで見守ってやってください。

少数精鋭

今週のお題「カバンの中身」

行くとこによって違うのは当たり前なので普段使っているもので何が入っているかを思い出してみました。

家のキーカードとお金少々、ティッシュ

 

以上!

 

今や所持率9割越えの電話はポケットの中だ。なのでこんだけ。

一昔前ならここにペンだの手帳だのがあったのが今や電話に集約。

できればお財布もカードのみにしたいところではあるけどまだまだ現金の需要はあるので仕方なく現金も持ち歩いてる感じ。

夏場になるとハンドタオルとかお茶とかがノミネートされてきますがこの季節、その必要はないので一番身軽です。

 

ちなみに、お仕事かばんには飴ちゃんは常にインされています。

最近は三ツ矢サイダーの飴ですね。

ジャコウアゲハ

■名前

 ジャコウアゲハ

■撮った日

 4月ごろ

■食べ物

 花の蜜とか

■特徴

 見た目通り黒い大きな蝶。ただ黒い蝶は結構いてアクセントになってる紋や体の色で見分けるのがほとんど。

幼虫時代に食べている草に毒があるので幼虫、成虫ともに食べると有毒。触る分には問題なし。蝶を食べるのはたぶん、カマキリとか鳥類かなぁ。

羽がブレているのは蜜を吸っているときも羽は常にパタパタ動かしているから。

f:id:gmyoukun0:20180421205806j:plain

f:id:gmyoukun0:20180421205819j:plain

大きいのが仇となってか動きはそれほど早くないし、ご飯を求めて飛んでいるときなんかはあんまり人を気にしないみたい。

なので、ご覧の通り。

f:id:gmyoukun0:20180421210305j:plain

蝶は羽がすぐボロボロになるのですぐに逃がしてあげましょう。

追記(2018/4/22)

f:id:gmyoukun0:20180423063832j:plain

お腹の色はこんな感じ。

ラジコンにアクションカメラをつけてみた

さて、ひょっとしたら初になるかもしれないブログタイトルにもある本格的な遊びをしてみました。

男の子ならラジコンは通る道かと思いますがいまでは価格も激安なものもあり、お手軽に入手できるようになりました。

使った車はこちら。安い割には見た目は良くできており本物っぽく作ってます。

気になるカメラのつけ方は見ての通り。セロテープ!ちょーダサい。

でも意外と取れないのでオススメ。気合い入れてアタッチメントでつけて・・とかは不要です。

f:id:gmyoukun0:20180416002003j:plain

 

実はこのアクションカメラはスマートフォンWi-Fiでリアルタイムで画像を転送できたりします。

もちろん遠隔でスマートフォンからも動画撮影の開始や写真撮影もできたりします。それがこちら。

f:id:gmyoukun0:20180416003145j:plain

スマートフォンに飛ばした動画のキャプチャ画像なのでモヤっとしていますが、動画的にはくっきり見えてます。

 

こういうことができるとやることはただ一つ。

そう、画面だけを見て操縦。

結果は、超難しい!言い訳するとこのラジコン、安いだけあってアクセルとステアリングが完全にONかOFF。中途半端なアクセルワークができないわけです。

そしてドリフトして遊べるってのが売りらしく、デフが入っていません。また滑らせやすくするためにタイヤはプラスチック製です。

デフが入っていない上にタイヤがプラスチックって、その上フローリングだ。滑りまくって思い通りに操縦がしにくいこと。

なので、最後の方は普通に車を見ながら操縦してました。

そのほうが比較的酔わない動画が撮れます。

 

ちなみにiphoneとappleTVがあるので、カメラ→iphone→TVと画像を飛ばせるのですが、転送が不安定になるのかカクカクした動画になってTVで画像を見ながらの操縦はできませんでした。

 

 

zenryokuasobi.hatenablog.com

 

 

zenryokuasobi.hatenablog.com

 

必死に考えた仕返し

とある事情で怒った我が子。最近自分の中で怒った時にするフローを確立したのか毎回同じパターンに持ってくるのが面白かったのだが、嫌がらせが実力行使に出てきたのでこっそりご報告。

4歳の男の子が考える仕返しがこちら。

f:id:gmyoukun0:20180408225248j:plain

スペースキーが「一」キーになってるw。

どっから持ってきたんだか、油性マジック。

あらら、マジックって。いろんなペンがある中で消えないのをよく分かってらっしゃる。

イソプロで消せるのでキーボードはそのままにしておいた。小一時間ほどたったときにまた別件で怒り出した彼は次の手に出た。

 

はい。2回目の作品をどうぞ。

f:id:gmyoukun0:20180408225312j:plain

今度は水性ペン。

油性よりもこっちの方がタチが悪い。隙間に入れんでくれ。キー外して拭いたけどはめれんかと思った。。

怒りが収まらなかったのか画面をよくみると、、

f:id:gmyoukun0:20180408225456j:plain

車描いちゃってる。

これ以上エスカレートさせると結構困ることになりそうだったので、和解を申し入れて仲良しになっといた。

ちなみに、上記で少し触れてるけどイソプロピルアルコール(IPA)で拭き取った。多分溶剤ならなんでも落とせると思うが手近にあったのがイソプロだったんでこれ使ってみたが一応アルコール系が無難かと。強力なのはキー自体溶かしちゃうっぽいのでお気をつけて。

 

そんなこんなでキーボードのはともかく、画面のは、拭き心地がなんか硬い。インクが固まっただけっぽいが一体何を使って描いたんだろ?画面が傷ついてんのかと思って焦った今日この頃。

 

 

 

アクションカメラの欲しい機能

 

zenryokuasobi.hatenablog.com

 以前に購入したアクションカメラですが、そこそこ使ってみましたので良いところ、なんとかして欲しいところを報告しようかと思います。

 

購入予定の方は参考になればと思います。

 

■良いところ

・手軽に撮れる。

・画角を気にしなくても良い。 

・防水カバーがあるので水中もOK。

 ・オートフォーカスなので撮影簡単。

 

カメラ自体が小さいのでハンディカム(もう死語?)みたいに構えて、はい!みたいなこともなく気軽にさっと撮れると思います。あと、かなり接写しても画角が広いので広範囲を撮影できちゃいます。逆に画角が広いゆえに想像よりも離れて撮影されてるのに再生して気づきます。

 

 

■何とかして欲しいところ

・電池交換の際、設定がリセットされる。

・手ぶれ補正が欲しい。

・色合いが変になる時がある。

 

これ、すごくめんどくさいです。電源喪失したらメモリー消えるってファミコンかって。大して記憶させる項目もないくせに容量少なくて良いんだから小容量のフラッシュくらい載せろっつー感じ。しょうがないので外部電源を(USB)接続してから電池交換しています。

次に、手ブレ。今まで手ぶれ補正は当たり前だと思っていたのでそんなのないカメラで初めて撮ったけど機械の力に改めて感心した今日この頃。自転車につけようもんなら路面のギャップ拾いまくり。映像見ててなかなか疲れます。

というものの撮る方も慣れてきたもんで、ブレないような撮り方も上手くなってきつつあります。

 最後に、色合いの件。安物だからでしょうか?なんか周辺温度の影響もあるようなないような。 夏場の車内動画、外での撮影とか、熱源は外部だけでなく駆動熱もなかなかのものらしく動画中の絵がぺったりしたような色合いに。。高価格帯のものならその辺もしっかり対策されてるのかとても気になります。

 

■結論

上記の何とかして欲しいところを改善できてるようなカメラだととっても良い感じだと思います。Gopro(正規品)、or国内メーカーのウェアラブルカメラがこれに当たっているのを期待したいところです。